2018.03.14

【STARGATES学長語録】男なら一国一城の主(あるじ)たれ!

男なら一国一城の主(あるじ)たれ!

男は背中で語れ!

 

この言葉、最近では死語に近いですね。

 

 

優しさだけがひたすら取り柄の

情けない男が増えました。

 

働き方改革の名のもとに

バリバリ働く企業戦士や起業家や経営者も

今やマイノリティ扱いされる始末です。

 

 

安定指向一辺倒の今の「日本」

今の日本人は

私たちの親世代やそれ以前の先輩たちが

どれほどの努力をして経済大国「日本」を

作り上げられたのか忘れているようです。

 

 

平和と豊かさのぬるま湯にどっぷりと浸かり

労働の意味も意義もすっかり忘れています。

今のままでは豊かな「日本」を

維持することは難しいでしょう。

 

 

快楽や優しさだけで生きて生けるほど

世の中はけっして甘くないはずです。

グローバル化が進み、

今や競争相手は🌏世界中に存在するのです。

 

 

掛け声だけの美辞麗句や

強さのともなわぬ優しさなど

わたしはフェイクと考えます。

 

 

真の強さとは強い責任感を指すものです。

強くなければ家族も関係者も養えません。

 

 

わたしも強さを求めて敢えて起業家という

リスクの大海原へと若き頃出航しました。

未だ理想郷の発見には至りませんが、

生涯をかけて理想郷発見の旅をつづけます。

 

 

 

まあ、

公私ともにいろいろございますが、

男はやはり仕事最優先でなければなりません。

少なくともわたしはそう信じて

今日まで生きて参りました。

 

 

昨年、他界した、わたしの母も

同じ考えと思っています。

わたしが頑張る姿こそが亡き母と

遥か昔に他界した親父への

最大の供養であり親孝行のはずです。

 

 

 

ひきつづき、

わたしは、

幹部や盟友たちとともに

新天地開拓へと新たなる進軍を進めます。

 

 

男は強くなければ生きては行けない

優しくなければ生きる資格はない。

 

 

敢えてわたしが「男」を連呼するのは、

今の「男」たちが

国や女性に依存しているからです。

 

 

 

俺一人でも

家族や親を面倒見切る❗

そんな気概が一世代前までの「男」たちには、

あったのです。

 

 

男として、雄としての本分を

覚醒させて欲しい❗

これがわたしの本音です。

 

 

男らしく、有言実行❕と云うことで、

さらに男に磨きをかけるため、

ひきつづき、

無知の知を探究し、

一生懸命がんばります❕

 

 

以上

「一期一会」佐藤剛司

 

 

 

STARGATES公式サイト

http://stargates.jp/