2018.07.18

【STARGATES学長語録】信頼できる人物を仲間にする

もしも成功したいなら、

信頼できる人物を選んで、

仲間に引き込もう。

 

 

なぜなら、

優秀な仲間や部下という存在は、

自分を実力以上に優秀に見せてくれる。

 

今の俺があるのは、

ビジネスシーン毎に

優秀な仲間や部下に助けられたからだ。

 

 

では、

どういう人物を仲間や部下にすべきか!

 

 

 

1、誠実

2、有能

3、頼りになる

 

 

 

この3つが必須条件となる。

これを間違えると必ず失敗を招く。

 

 

 

仲間や部下選びに成功した部門は、

すべて上手くいった。

しかし、

過去、幾度か間違えも犯し失敗した。

 

 

 

細心の注意を払っているつもりだが、

たまに間違えてしまうこともある。

 

 

 

1番重要なのは、誠実か否か!ということ。

お人好しの俺はいつもここを見誤る。

強面の俺だが、

どうしても人を性善説で見てしまう。

 

 

 

「人に惚れるなその人の仕事ぶりに惚れろ」

 

 

 

今は亡き恩人からの俺に対する苦言である。

 

 

 

「感じの良すぎる人間にはよくよく注意をせい!
詐欺師が何で詐欺が成功するのか?よくよく考えろ!彼らは一様に物凄く感じが良えだろう…」

同じく恩人のアドバイス。

 

 

 

わかっちゃいるけど俺は過去見誤った。

反省ばかりだ。

 

 

 

話を戻すが、

成功者は、

「自分は運がいい!」

とたびたび口にする。

 

これは、

「自分は人の縁に恵まれている!」

と言い換えても良いだろう。

昔から「運も力のうち!」

と言われる所以でもある。

 

 

 

今、3つの事業領域をやっている。

3つの事業領域が、

7つの部門に分かれ7人の責任者がいる。

 

 

 

上手く行ったり、行かなかったり、

と様々だが、彼らが居るから俺がある。

 

 

 

未だ小さな事業体に過ぎず、

悔しい思いも日常だが、

彼ら無くして組織は成立しない。

だから感謝している。

お陰で名誉職としての

社外の顧問のお引き受けも実現している。

 

 

 

そして今、

いくつかの新規事業案件の

オファーも頂いている!

体があと2つ3つあればなぁ…

とワガママな俺の中の俺が呟く^ ^

 

 

 

まぁ何事もやってみなけりゃ分からないもの。

1秒前は既に過去。

だから過去は見ない。

 

 

 

興味があるのは、未来のみ。

 

 

 

以上

一期一会 佐藤剛司

 

STARGATES公式サイト

http://stargates.jp/